1830年創業 和薬・漢方 本草閣 名古屋鶴舞

不妊

男性不妊の方へ

男性不妊でお悩みの方は意外と多い

  • WHOによる不妊の原因調査で、
    男性のみ不妊 24%
    女性のみ不妊 41%
    夫婦両方 24%
    という結果が出ています。

    不妊の原因としての男性不妊の割合は多いのに、女性に比べ、積極的に不妊治療に取り組んでいる男性は少ないのが現状です。 不妊はもはや、女性だけの問題ではなく、夫婦が協力して向き合っていく問題といえるでしょう。

  • 男性不妊のお悩み

男性不妊の主な原因

  • 精子の数が少ない(乏精子症)90%
  • 精子がない(精子があっても通路が塞がっている閉塞性、精子そのものが作られない非閉塞性)
  • 精子の奇形や運動率が低い(精子無力症)
  • 精子の老化
  • 精力の減退
  • 勃起不全

現代の男性の精子数は約半分?!

  • 男性不妊の原因のうち、90%を占めるのが①「乏精子症」。
    明治時代の男性と比較すると、現代の男性の正常な精子数は半分くらいまで減っていると言われています。
    また、老化しないと言われてきた精子でも、年齢と共に老化する人が一定の割合でいること近年判明しています。

  • 約半分?!
これらの原因には先天性と後天性のものがある
  • 先天性
    遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全の状態
  • 後天性
    精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出や射精に関する障害。 ストレス、アルコール、喫煙、肥満・糖尿病、病気や薬の影響など

男性不妊は漢方の得意分野!

外科的な治療が有効な場合や遺伝的要因が原因な場合を除き、男性型の不妊症は、漢方薬の得意分野のひとつです。特に精子の数、質、運動率を改善は、漢方の得意とするところで、比較的短期間に成果を上げることが期待出来ます。人工授精、体外受精、顕微授精の治療の際にも、少しでも多く元気な精子である方が、良い結果に繋がっていきます。 喜ぶ男性

女性不妊は、月経を整える事を主に考えますが、男性不妊は腎の精を増やすことを主に考えます。
おおもとの原因がどこにあるのかを突き止め、それに対処していきます。

自ら生活習慣などを見直すことが、大前提ですが、仕事がハードで疲労のある方は疲労回復薬を、少食で痩せている人は食欲が出る薬を、胃腸は丈夫だけど精力の弱い人は、腎の働きを助ける薬を、ストレスがある方にはストレスを軽減する薬を、冷えがある方は温める薬で処方します。

成功した男性不妊治療の実例

  • 男性不妊 体外受精の症例
    効果レベル5
    • 30代半ば
    • 男性
    女性が子宮外妊娠により卵管を切除したため、体外受精を行うことになった。治療当初は運動率も良く、奇形もなかったが、仕事がハードになり、運動率が下がり、奇形もみられるようになった。社会人になって発症した湿疹もひどくなっていった。
    辛いものを食べると下痢しやすい。睡眠不足で疲れが取れない。食欲有。喫煙。
    胃の働きをよくして、水分の停滞を改善し、気を巡らし、リラックスさせる漢方薬を会社で夕方に服用。
    朝晩は、泌尿生殖器など下半身の衰えを回復し、乾燥した皮膚に潤いを与え、かゆみをしずめる漢方薬。
    2か月後の検査で運動率が正常範囲になった。
    胃の荒れで、夜になると口臭があるときが時折あったが、全くなくなった。
    約5か月後、アトピーも改善し、乾燥防止に市販のクリームを塗る程度にまで回復。
    約4カ月後、奥さんの妊娠が判明。無事女の子出産。
    漢方を服用していると、調子がいいため服用し続けている。
  • 男性不妊 顕微授精の症例
    効果レベル5
    • 30代後半
    • 男性
    結婚して4年たつが妊娠しなかったため、検査を受けた所、女性の方は何も問題なかったが、男性は通路が塞がっている閉塞性無精子症と判明した。
    手術をして精子を取り出すことになったため、それにむけて精子を元気にしたい。
    仕事が忙しく、食生活が不規則。睡眠不足。
    男性・・・体力をつけ、胃腸の働きを高める漢方薬を服用。
    女性・・・血流を改善し、婦人病に効果の高い漢方薬を服用。
    2カ月後、無事、元気な精子を取り出すことが出来た。
    一度目の顕微授精で妊娠。元気な女の子を出産。