• 鶴舞本店
  • 緑店

胃・食道

胃・食道のお悩み

五十肩(四十肩)

漢方による改善レベル
効果レベル5
  • 63歳
  • 女性
  • 157cm
  • 50kg
元々、胃腸虚弱で少し食べ過ぎたり、脂っこい物を取ると、すぐ胃がドーンと重くなり、食欲が減退する。
空腹時に軽い胃痛になることもある。特に夏場水分を多く取る時期に調子が悪くなり、体重も2~3kg減少する。
胃の停滞した水分をさばき、身体を温め、食欲を改善させる漢方薬。
漢方薬服用後、1週間位で胃の重い感じが楽になり、今まで朝食は無理して食べていたのが、美味しく食べれるようになってきた。1ヶ月服用後、食事量も以前より多くなり体重も1kg増加、今まで市販の胃腸薬がはなせなかったが、現在は漢方薬だけで調子良い。

胃潰瘍

漢方による改善レベル
効果レベル5
  • 43歳
  • 女性
  • 41kg
  • 細身
めまいで4回程加療をしたことはあったが、その他に特に大きな病気はなかった。
28歳の時、胃潰瘍になり、以後、時々胃腸の調子が悪く、薬を服用。一日中座る仕事をしている。寒がりで温かいお茶など好み、子供がいるため、お肉中心の食事が多い。口臭がある。みぞおちを押さえると痛み、時間に関係なく胃痛がする。上胸が息苦しい感じがあり、疲れた時に、フワーとする事がある。
胃の熱をとり、胃腸を元気にし、血と気力を補う漢方薬。
漢方薬を服用しながら、腹部をカイロで温めている。温かい食事をするよう勧める。その後、体調は極めて良くなり、現在も漢方薬を服用している。

慢性胃炎・胃潰瘍
(胃もたれ・胸やけ・食欲不振)

漢方による改善レベル
効果レベル4
  • 40代
  • 男性
胃がキリキリと痛む。胃もたれ、胸やけにより食欲がわかない。
また、下痢しやすく、咳が出やすい。
以前、胃潰瘍と診断された時と同様の症状があるが、少しは食べることができる。
① 精神を落ち着かせ、胃腸を整える漢方薬。
② 身体、特に胃の余分な熱をとり、肝の働きを整え、また感情を外に発散できるように助ける漢方薬。
③ 身体の余分な水分を外に出し、胃や身体の上部の熱をさまし、気の巡りを正常に戻す漢方薬。
① 5日服用により、下痢が治まった。油っこいものを食べなければ、胃もたれ・胸やけも感じない。一ヶ月ほど、甘草瀉心湯を服用し調子が良かったが、ストレスにより空腹時にキリキリとした胃痛がおこるようになり、再び下痢をするようになった。
② 5日ほど服用で胃痛は治まったが、アルコール飲酒(ビール2本)がやめられず、飲みすぎると下痢軟便になる。
③ 数日日服用にて下痢をしにくくなった。
その後は、①~③を症状に合わせて服用している。

胃下垂

漢方による改善レベル
効果レベル5
  • 30歳
  • 女性
  • 152cm
  • 45kg
元々胃が弱く約1ヶ月前に胃腸風邪を引き、その後風邪はよくなったが、胃腸の調子がなかなか戻らない。胃のつかえ、軟便、下痢、手足の冷えが気になる。
胃腸を温め、水の停滞を改善し、疲れやすい体質を強くする漢方薬。
2週間服用後、胃のつかえが楽になり、形のある便が出るようになってきた。1ヶ月後、手足の冷えも改善され、体調も良い。漢方薬を服用していると身体の調子が良いため、3年以上服用を続けている。

食欲減退+胸やけ

漢方による改善レベル
効果レベル3
  • 81歳
  • 女性
  • 37kg
胃の半分切除に60キロ→37キロに。
足先の冷えあり。
胃のオペ後から胸やけがして、西洋の胃薬を服用していたが、かえって食欲が無くなり胸やけが酷い。
その為に体重が20キロ以上減った。
胸やけの前にしゃっくりが出る状態で、横になると胸やけが余計に悪化。た
だし座って水を飲むと楽になる。ひどい便秘性だが、下剤少々で下痢になりしんどい。
体力をつけ、冷えた体を全体に温める脾胃の漢方薬。
2週間目に少々改善したが、まだ本調子でない。
その後、体全体と手足の冷えを改善し、精神的に落ち着かせる漢方薬を服用。2か月後には、胸やけがするのは夜に限定されるように。
半年後、胃の停滞を取る漢方を服用し夜の胸やけが少し良くなったが体調による。
その後、胃の熱をとる漢方を服用、また精神的に落ち着かせる漢方薬を服用などで、1年半後、体重が2キロ増え昇降状態を繰り返しながらも少しずつ改善。

胸やけ

漢方による改善レベル
効果レベル4
  • 20代
  • 女性
毎朝、胸やけがして目が覚める。調子の悪いときは、嘔吐をくりかえすことがある。
冷え性・便秘・眠りが浅い。
胃を温め、気と血を巡らすことで胃を元気にする漢方薬。
漢方薬を服用しながら、夜は消化の良いものを食べるように心がけ、寝る前にヘソ袋(お灸)をすることで、2週間ほどで、胸やけの症状が治まる。手足の冷えも以前より大分改善される。
「お悩みの病」のトップページに戻る
閉じる

漢方相談はこちら

漢方相談・予約。電話・メールにて漢方相談を随時受付中。店頭相談のご予約のインターネット予約にて承ります。