1830年創業 和薬・漢方 本草閣 名古屋鶴舞

本草閣ブログ

トントントンのリズムで味わう春の食養生2021年02月20日

みなさん こんにちは!
今週は雪の朝から始まり、週末は最高気温が20度と
3ヶ月を1週間で駆け抜けるような天候の名古屋鶴舞です。
体調などお変わりありませんか?

さて・・・
三寒四温とは言うものの、中々の気温差に身体がついていけず
調子を整えるのに苦労しますね。

前回のブログでは、この季節の過ごし方として生活リズムを中心にお伝えしましたが
今回は食事の面からのご提案です。

「春苦味」「春は苦味を盛れ」などという言葉を聞かれた事はありますか?
これは食養生の一つで、冬場に溜まった老廃物を
解毒や新陳代謝の効果が期待される苦味のある野菜を摂り排出すると考えます。

その食材とは、例えば・・・
・ウド
・つくし
・ワラビ
・ふきのとう

この様な野菜がよく挙げられますが、どれも普段の食卓にはあまり馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな本草閣中の人も、やはりウドやつくしなどを手に取ることはほとんどなく
スーパーで旬の野菜「菜の花」「筍」「春菊」などをお料理の中に取り入れて楽しんでいます。

このお料理をする時に、ぜひ包丁を使う時のトントントンの音を聞いて下さいね。
トントントントントントントントン・・・
季節の変わり目に乱れがちになる自律神経ですが
同じリズムを刻む事で整う事も

苦味のある春の野菜とトントントンのリズム
春を舌と心で味わいましょう。

—***本草閣からのお知らせ***—
●2021年丹青会出品
●日本パッケージ大賞「入選】」

樹齢千年の紅茶の香り 【本草閣阿膠】好評発売中

お求めはこちらから→本草閣阿膠 14包入