• 鶴舞本店
  • 緑店

薬剤師「秋山 あかね」

秋山 あかね

秋山

医食同源

初めまして。秋山と申します。
私は女性の薬剤師として常に女性の悩みを受けることが多いです。たとえば、美肌や美容の事、月経不順、子宮の不調や不妊の事。。。
このような相談を頂く度に、あれ?相談できる所が無いのかな?と感じるようになりました。
是非おいで下さい。女性の願いを一緒に実現するお手伝いがしたいと思っております。
肥満もニキビも乾燥肌も不妊も、すべではありませんが体が何らかのバランスを崩していることが多いです。漢方薬はそのバランスを整えるお手伝いをするお薬です。そしてそれだけでなく誰にも言えずにしまってあった気持ちを家族でもなく友人でもない人に吐き出すことでずっと楽になることもありますよね。
そんな空間と薬を提案しますのでお気軽にお越しくださいね。

経歴

  • 同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏家コース卒業
  • 同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏家コース専修過程終了
  • 同大学にてコンサートミストレスの経験あり
  • 名城大学医療薬学部卒業
  • 株式会社 七草 ななくさ薬局 代表取締役社長
  • 音楽会社 風音 代表
  • 現在、調剤薬局として門前薬局としての仕事と老人ホームなど高齢者専用住宅の仕事を幅広くしている。
  • 日本薬剤師会会員
  • 小牧商工会議所会員
  • 名古屋青年会議所会員

秋山

得意分野

  • ・皮膚病(アトピー、ニキビ等)特に美容系が得意
  • ・冷え
  • ・むくみ

こんな病も得意です抜け毛 髪の美容

漢方薬剤師になった理由

大学の授業でこんな事を教授がさらっと言っていました。
「植物は少量の根さえあればまた勝手に目をだし茎が伸び花を咲かせ、立派な個体になります。
しかし勿論現代の医学では動物は体の一部があってもそれが一つの個体を作り出せません。」
こんなあたりまえの事が意識できずにいたので衝撃的でした。
そこから植物の生命力は動物よりもずっとずっと強いと再確認し始めました。
その植物の力の恩恵にあって漢方薬は何百年も支持されています。
その古人の知識を次世代に繋げていく義務と、現世代の人に漢方をもっと身近に感じてほしいとの思いから漢方薬を勉強し始めました。
電子化され合理化された時代だからこそ、疲れ切った心身を休ませたくて一歩時代の戻った医食を求めていると思います。

気に入っている言葉

【医食同源】
(薬も食事も同じだ)
【心身同源】
(心も体も同じだ)
【千紫万紅】
(それぞれがそれぞれの色を持ち輝くことが出来る)

秋山

閉じる

漢方相談はこちら

漢方相談・予約。電話・メールにて漢方相談を随時受付中。店頭相談のご予約のインターネット予約にて承ります。