• 鶴舞本店
  • 緑店

肝臓・胆臓・膵臓

肝臓・胆臓・膵臓のお悩み

肝硬変

漢方による改善レベル
効果レベル5
  • 60歳
  • 女性
  • 153cm
  • 55kg
20年位前より慢性肝炎で加療中。
ずっと GOT・GPT 60前後であったが今年5月より GOT 102、GPT 134、血小板8万、肝硬変と診断。疲れやすく脂っこい物を取るとすぐ皮膚が痒くなる。又、小便の出が悪くすぐに手足がむくみ、便の出も悪い。
体内にこもった熱を汗や尿として外に出し、肝を整える漢方薬。
2週間にて小便、大便ともにスッキリと出て、体が軽くなり以前より疲れにくくなった。その後、継続して約半年になるが、ずっと体調良く、 GOT 33、 GPT 31、血小板9万と数値的にもよくなっている。

慢性肝炎

漢方による改善レベル
効果レベル5
  • 54歳
  • 男性
  • 50kg
  • 細身小柄
精密機械を扱う細かい仕事に就いている。
C型肝炎と診断されて病院の薬(ウルソ・タガメット・グラダロン)を服用。 肝機能関係の数値は良いが、 C型肝炎ウイルスは消えず、身体が疲れやすく体調は良くなかった。医師よりインターフェロンを勧められたが副作用を心配して、漢方薬を求めて来局した。
少々便秘ぎみで便秘するとみぞおちがつかえた感じがし、疲れやすい等の症状があったため、胃腸の機能を立て直し、気力をつけ、身体を元気にし、かつ下腹部の炎症をとり解毒する漢方薬。
漢方薬服用後、食事(野菜多めの食事)を美味しく食べられるようになり、インターフェロンを使用する事なく漢方薬のみにて元気に仕事・趣味に張り切っている。

甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)

漢方による改善レベル
効果レベル4
  • 50代
  • 女性
甲状腺機能亢進症と判断され、ホルモン剤を一年以上続服していたが、左乳房癌のため、全摘出する。 元気が出ない、汗が出る、不眠、不安な気分、便秘・・・などの症状がある。
心肺の弱りを改善し、体力をつけ、動悸や息切れをやわらげる漢方薬。
漢方薬服用20日後、黒かった顔色が良くなり、疲れ・不眠も随時軽減し、甲状腺ホルモンの錠数も減じている。

胆石

漢方による改善レベル
効果レベル4
  • 60代
  • 女性
人間ドックにて胆石を発見した一年後、最初の痛みがあり、その後1年間で3回激痛が走った。
最近、油っこいものを食べて痛み・吐き気・下痢をおこし、心下の鈍痛残っている。
激痛は右胸心下から背中まで痛みが走る。もともと胃にポリープがあり、胸やけ、胃もたれをおこしやすい体質。
体内にこもった熱をとり、解毒し、体内の余分な脂肪を落とし、また気を巡らせる漢方薬。
漢方薬を2週間服用で、痛みは治まってきたが、心下のもたれた感じが残っている。怖くて油っこいものが食べられない。6週間服用にて、痛み・胃もたれともになくなりお腹がすっきりした。おかゆから普通の食事が食べられるようになった。胆石は消えていないと思うが、胆石による痛みが治まった。
「お悩みの病」のトップページに戻る
閉じる

漢方相談はこちら

漢方相談・予約。電話・メールにて漢方相談を随時受付中。店頭相談のご予約のインターネット予約にて承ります。